2017年04月10日

土曜の部活が始まる前に。



L1021982

L1021989

L1022010

L1022012

L1022020

L1022027

L1022028

L1022036

L1022041

L1022051

L1022058





L1022044


春はいいですね。春はあけぼの。この時期花見会場を毎年訪れていると自然と似たような写真が増えてくるだけなので 休日は歩くルートを変えてみました。やがて向かう先は自然と人があまり行かないところへと。すると産業厚生会館(仮称)の施工度合いが見て取れたり 穴場になりそうな花見スポットや遠方のお客をアテンドしたときに使えそうな駐車場はないかと確認したり 球場バックスタンドに登る入り口を目にしてその日その場所で担当したスクリーンボードのバイト員は一体何を思いながら仕事に就いたんだろうかとぼんやり想像したり 届くはずないであろうシャッター音に思わず浸水して反応したカメの耳は一体どこにあるんだろうかと不思議に思ったり 地元企業の名のあるぼんぼりとその位置関係を見て各社宣伝への思い入れを想像してみたり まだ寒いためか長蛇になっていないクレープ屋にがんばって並んでみたり(私は大体いつもサラダ系のクレープを頼む) いつも立ち寄るたこ焼きやがまだ開店していないことを残念がって一体いつ頃になるんだろうかと気に留めたり ここには元々郵便局があってとなりのとなりに消防署があってその間に当時ファーストフードのはしりのような個人のお店があってなぜか人気で土曜の部活が始まる前によく買い出しに行ったんだよねとかいって昔の町並みを思い出しては話したり 最近吸収統合の流れで立ち退いたスーパーの跡地をみてこの時期の集客でいったら絶対に勿体ないよねなんて話したり 下校時たまに遊んだ神社がまだあることに嬉しさを覚えたり その神社じゃないけど道路に面した入り口の通り沿いの敷地にトイレがあってそこの神社は結婚式なんかもやって人も集まるだろうにトイレのにおいを一帯に漂わせて閑静な雰囲気を損なっていることを憂いたり 小学生時分の友達の家がすでに空き家になって数十年は経っているようでその荒れ模様に佇む空間が歪み捻れるような感慨を覚えたり 川の水の量とその流れる早さに春の芽吹きと山の雪解けを想像したり 会館跡を訪れてその建屋の作りに当時の人の身なりを想像したり たまたまやってたお茶会に参加した人たちと二・三話して当時の明治大正の営みに思いを馳せてみたり こことここの道が案外繋がっているんだよとかって犬の散歩コースで知り得た些細なことをひけらかしたり リフォームや立て替えた近隣の家々をみては羨ましがったり えぐれてしまう程の老木がまだまだ健気に花を咲かせていたり。そして休日 たまに近場をのんびり歩いてみることもいいもんだなあと思いました。




posted by MEGANE at 20:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。