2008年11月25日

アゴから生殖器。


'08.11.24.日記.jpg

以前から気になっていたのでエッチなDVDとともに上記のマンガをアマゾンで買ってみたわけなんですが 読み手のリズムで ”その間” といったものを調節出来たものが従来のマンガだとしたら これはいわば全くの真逆な世界。オートウォークに乗ったかの自分と間髪入れず矢継ぎ早に流れ込む情報量に目が白黒。ページをめくるその手がもう止まらない…。途中カメラ小僧が出てきてその手に持った奇っ怪なカメラの形から 何を思い出したかといえば1つのマンガ。はじめ名前が出てこなかったんですけど何かの拍子にひょうたんから駒。
「 そうだ! サガノヘルマー…!!!」 ってでもそれは著者であってそのタイトルはなんだっけ?で藁おもすがる知恵袋。BLACKBRAIN を探し求めて似たような人達が結構いて笑いました。

”アゴから生殖器が生えた男や
手から出る機械のプラグみたいなモノを人の首に刺して操る〜”
”10年くらい前にヤンマガでエロくてグロテスクな漫画があったんですけど〜”

posted by MEGANE at 19:05| Comment(2) | TrackBack(0) | attouchment | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヤンマガアッパーズで連載してたサガノヘルマー先生の作品でしたら
『コリドラー』ですね。奇跡的に実家で埃を被ったデッドストックを見付けましたw
Posted by Tarantula at 2008年11月26日 18:50

ブラックブレインを初めて見たときのあのムラムラくる欲情と
絵柄くる嫌悪感はそれはそれは衝撃的でした。
自分に眠る邪悪な部分をサガノヘルマー氏に
舌舐めずりされたようで…。

Posted by MEGANE at 2008年12月15日 21:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック