2017年04月13日

手札のよう。



L1021917

L1021923

L1021976※





L1021793


袖を付けた段階ではまだまだ単に布の寄せ集めにしか見えないけれど そこからしばらく進めていくといつの間にか1つの塊 モノとして確かに見え方が変ってくる感覚。それがいったいどこからどこなのか シンプルに線引きできるわけでもないけれど生まれ出ようとしているものへの感情の昂り 毎回実感するそこらへんのジワジワした過程が本当に面白い。端切れもただ手札のように並べていくだけでなく 全体的なトーンを見ながら濃淡 色見と曖昧といえば曖昧だけど自分の中でシックリ来たりこなかったりというのが確かにある。細かい一つづつを決めていく面倒臭さや今回綿入れもあったりと ところどころ段取りや順番というのがやはりあってそれを取り違えると大分手間だったり引き返すのが難しいというのもあったり 手順を逆追いするイメージと石橋を叩きつつ進めていくのが面倒といえば結構面倒で 且つ真綿の細いフィラメントが容易に至るところで絡み付いたり そんなところも生き物っぽく有機的で意義深いというかシンプルに扱いが難しいというか ほとんど一発勝負みたいなところもあったけれど この真綿については贅沢にたくさん入れてもそれはそれでカッコ悪いという実感も痛烈にあり このあんばいが結構難しかった。結局考えてたよりも量は控え目ですが おかげで横から見たときのアーム周りをはじめ 全体的にも着膨れしない適度なポッタリ感がそこそこ出たように思います。袖を通したときの肌触りも考えて今回袖は正絹。渡りを十分にとったおかげで思った以上に裏地の桃色が見え隠れしてしまい 深く考えず容易に余り布を選んだのが裏目に出ましたが 茶色とピンクの愛称で一つご愛嬌。あと無地側にいまひとつインパクトを ということで刺し子を入れてみるというのもありましたが実際やってみると思った以上にクラフト感が出すぎてしまい蛇足で やりすぎないバランスも肝心なんだと。結局これについては手始めに入れた蚕表記どまり。襟色の橋渡しで左右のバランスが取れいくらか解消でした。なんとなく適当にはじめたのが10月で思い入れは薄かったもの 形となるうち日に日に愛情が湧いてきました。柔らかな古布と真綿の相性もよくて 羽織ると薄手の掛け布団を纏ったようなそんな着心地。そして案の定軽い。半年経ってようやく仕上がったもののいよいよ時期はずれですが 花見会場はまだまだ肌寒いと思うのでなんとか重宝すればなと思っています。




posted by MEGANE at 21:55| Comment(0) | LOMM(laboratoryonmymind) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

遊星的攻撃機構。



L1021536**


ルークスレーターのプラネタリーアサルトシステムズのアルバムが出るとか予約告知が結構まえに来ていて。前作といってもだいぶ前だけど捨て曲ないくらいの記憶だったってこともあり 反射的に頭をもたげたけどまあいいや気が向いたときにでも買えるだろうとタカをくくってそのまま放置。結果後悔。最悪それじゃあコンパクトディスクシステムズでもしょうがないか。でもいちおうお取り寄せの予約は入れてみよう。杉浦ムンも新譜出すんだねー。




posted by MEGANE at 23:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

土曜の部活が始まる前に。



L1021982

L1021989

L1022010

L1022012

L1022020

L1022027

L1022028

L1022036

L1022041

L1022051

L1022058





L1022044


春はいいですね。春はあけぼの。この時期花見会場を毎年訪れていると自然と似たような写真が増えてくるだけなので 休日は歩くルートを変えてみました。やがて向かう先は自然と人があまり行かないところへと。すると産業厚生会館(仮称)の施工度合いが見て取れたり 穴場になりそうな花見スポットや遠方のお客をアテンドしたときに使えそうな駐車場はないかと確認したり 球場バックスタンドに登る入り口を目にしてその日その場所で担当したスクリーンボードのバイト員は一体何を思いながら仕事に就いたんだろうかとぼんやり想像したり 届くはずないであろうシャッター音に思わず浸水して反応したカメの耳は一体どこにあるんだろうかと不思議に思ったり 地元企業の名のあるぼんぼりとその位置関係を見て各社宣伝への思い入れを想像してみたり まだ寒いためか長蛇になっていないクレープ屋にがんばって並んでみたり(私は大体いつもサラダ系のクレープを頼む) いつも立ち寄るたこ焼きやがまだ開店していないことを残念がって一体いつ頃になるんだろうかと気に留めたり ここには元々郵便局があってとなりのとなりに消防署があってその間に当時ファーストフードのはしりのような個人のお店があってなぜか人気で土曜の部活が始まる前によく買い出しに行ったんだよねとかいって昔の町並みを思い出しては話したり 最近吸収統合の流れで立ち退いたスーパーの跡地をみてこの時期の集客でいったら絶対に勿体ないよねなんて話したり 下校時たまに遊んだ神社がまだあることに嬉しさを覚えたり その神社じゃないけど道路に面した入り口の通り沿いの敷地にトイレがあってそこの神社は結婚式なんかもやって人も集まるだろうにトイレのにおいを一帯に漂わせて閑静な雰囲気を損なっていることを憂いたり 小学生時分の友達の家がすでに空き家になって数十年は経っているようでその荒れ模様に佇む空間が歪み捻れるような感慨を覚えたり 川の水の量とその流れる早さに春の芽吹きと山の雪解けを想像したり 会館跡を訪れてその建屋の作りに当時の人の身なりを想像したり たまたまやってたお茶会に参加した人たちと二・三話して当時の明治大正の営みに思いを馳せてみたり こことここの道が案外繋がっているんだよとかって犬の散歩コースで知り得た些細なことをひけらかしたり リフォームや立て替えた近隣の家々をみては羨ましがったり えぐれてしまう程の老木がまだまだ健気に花を咲かせていたり。そして休日 たまに近場をのんびり歩いてみることもいいもんだなあと思いました。




posted by MEGANE at 20:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

忘却的 (かなり)。



L1021829


いいかげん 家に確かにある であろうはずの 「ある光(CD)」 が出てこない。




posted by MEGANE at 20:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

SILK HAORIMONO。



L1021882※※※

L1021913

L1021929




posted by MEGANE at 20:41| Comment(0) | LOMM(laboratoryonmymind) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

ジェダイローブ。



L1021760


この際だから全部袖を通す勢い と毎度毎度強く思って挑むのですが結局のところブレーキがかかってしまって、、というのがあります。なんなんだろうこの心境。ゴツいレザーもの ボアのチノクロスパーカーその他アーミー色のものが自分にはそうで とうとう手が伸びなかった。あ クラック入りのは着てみました。ルックスと実際の着心地とが頭の中で結びつかなかったけど とにかくの存在感。ずっと眺めていたいです。革にうるし。ものすごく時間がかかるのに既にほとんど買い手がついてるとか 買う方がいらっしゃるからついているような 価格のほうもそんな感じといってはなんですが超のド級。工芸作品。全体的にはトレンドもあるんでしょうが肩を落として着る羽織りものの心地よさが その他のカジュアルなコートなんかにも浸透していっているような 個人的にはそんな感覚を覚えました。山羊革ものが満を持してよかった。羽織りものといえば字のごとく 基本的にはサラリと袖を通す軽めな感じがいいので薄めで肌に吸い付くようなスウェードの仕様は正直ずっと心待ちでした。たまたまその日 家で久しぶりに引っ張り出したシャツジャケットの流れもあって 「まぁ、、ですよね、、」って思わず納得 自分にひと言。裾のチャーム付きのは少し前に出てたら欲しかったかな。色見がビビットなのでちょっと気恥ずかしさもあったり。個人的にはこの軽さと肌触りでいったらそれよりもなによりもラモシャツで1枚、、というのが大分前からの本音です。あとなんでしょう。ウールの浴衣。フードはないけどジェダイローブみたいだもん正直カッコいいよねやっぱり。そのまま着て外湯に向かえる感じでドテラの生地もシルク入りのヘリンボーン?と思ったら意外と違うものなんですということで技ありでした。そういえば新たなる希望という名のジャケットもあって やっぱりSW?なんて。女のコの赤いコートもかわいいし一見田舎くさくなりそうな別珍のワンピースなんて 女のコだったらサラッと着こなすオキャンなお姉さんが羨ましくも思うのだろうな。シャツは的屋さんスタイルよりも胸元ゆるめのスタンドカラーがやはり好み。鞄にも多かったですがやはり印伝からの鹿 といったところなんでしょうね。大振りな和もの特有のアガリかた 故の防寒 そんな共感話やキョンの話もおもしろかったな〜。




posted by MEGANE at 20:58| Comment(0) | LOMM(laboratoryonmymind) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

セカイカン。



L1021800


ナルトが終焉を迎え今度は月イチ連載か いずれコミックスで、、と思ってから気づけば2冊目が店頭に並んでいたとは。絵のタッチも見慣れてくるとカチッとハマってきて 年明け2日 世界館で観た例のクラウドファンディングのアニメ映画も良かったですが ページをめくった1コマ目 ボルトとナルトが被るシーンに思わず嗚咽しそうなほど感極まってしまいました。セリフもない1コマですが そこまで思わせてしまうナルトの世界観にもあっぱれとひと言いいたい。




posted by MEGANE at 19:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

悩むフリ。



IMG_7922 2


奥のM9ですが普段開放にすることが多いので それまで気にする機会が少なかったといえば少なかったわけですが 絞って景色などを撮ると途端にホワイトスポットと呼ばれる剥離の現象が自分にも起きていることに気づきました。確かに以前から時折苦虫を潰した写真が撮れていて当初は腑に落ちないながらも 一方明るく撮った写真では皆無だったこともあり放っていました。ただやはり調べてみるとこの症状がCCDセンサーの無償交換 いわゆるリコール対象とアナウンスされていたものだったらしく(少々無自覚すぎるんですが) ちゃんと自分の肉眼でもそれらしい付着物を確認することができたのでこの際京都に向かった折りに お店に足を運びました。聞くところによると型が古いこともあり下取りで比較的割安 というか7掛けぐらいで最新モデルに取り替えることもできるとの話。なかなか商売上手だなあと思いながらも(笑) 店頭に並ぶ商品と比べるとかなり小傷も見受けられるし くたびれ感を突きつけられているようで気恥ずかしかったですが 使い始めたここ5年の中でシャッター数も優に2万を超えるところとなった今 これはもはや性能云々というよりシンプルに愛着の話 というのもいわずもがな。塗装の剥げやキズも今まで時間を共にした証のようなものですし 一応 「うーん」 と悩むフリをして2つ返事でした。修理の仕上がりはこの年末の関係で当初1月下旬辺りといわれましたが 実際出荷発送希望日の連絡をもらったのが仕事納めの前の週。そこから年内中に手元に戻ってきて しかも気になっていた底蓋つまみのかんちゃくも直してもらっていたようで感謝のひとこと。これからもずっと使っていきたいモノの一つです。




posted by MEGANE at 18:33| Comment(0) | LOMM(laboratoryonmymind) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

2017。



L1021724


おめでとうございます。




posted by MEGANE at 09:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

食べ納め。



L1021417


れんげでミニラーメン作るみたいに一口ひと口味が変わって 意外と野菜カレーがいいかんじでずうっとこれです。辛さもE感じ。




posted by MEGANE at 16:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

ほぼ日。



L1021704_1


ドテラをほぼ毎日着ています。たまたまポリエステル混のほうも売っていたので当初それをしきりと着ていましたが京都に行っている際 真綿のほうをおろしてからは羽織る頻度がガラリと変わってしまいました。それぐらいに後者のほうが暖かい。はじめはツイードのせいも半分あるのかとも思いましたが よく考えると両方ツイードでした。それにしても暖かいです。体温がこもってゆく感じ。満を持して購入したムートンコートの出る幕が 今年はこれっぽっちも見当たりません。。




posted by MEGANE at 20:30| Comment(0) | LOMM(laboratoryonmymind) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

オオサンショウウオ。



L1021609

L1021635

L1021642

L1021644

L1021654_1

L1021657

L1003005

L1003012

L1003030_1

L1003031_1

L1003028_1

L1003035

L1003036_1

L1003037_1

L1003040

L1003049_1

L1003059

L1003065_1

L1003070

L1003078

L1003089

L1003090

L1003123_1

L1003116





L1021650


酒屋さんを挟むと行動範囲が限られてしまいますが 今年も藤岡酒造へ。去年は1年寝かせた〜アナザーというのが美味しくて それがまた買えるかなと期待していたんですが 今年は扱いがない模様。なのでウチの冷蔵庫にある2本をいつ開封するか段々と悩ましくなってきました。(ワインのように時間を置けばよいというものでもないですがすごくおいしかったので。)2日目は水族館へ。特別天然記念物がかわいすぎました。のっそりとしたあの動きと御手手に癒されますね。一番大きなぬいぐるみが欲しかったけど結果的には断念。2年越しで完成予定の地元の水族館も楽しみです。




posted by MEGANE at 22:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

out focus works episode W blue.



L1021577_3

L1021580

L1021603





L1021604


もう一日、、まだ大丈夫、、と 結局のところ腰が上がらず当日間際でなんとかこなし 次回こそは!と悔い改める繰り返しです。今回は展示を変えてみたいと思っていたので頭では何度も描いてたイメージが形になり まずはひと安心といったところでした。われらがアウトフォーカスワークス第4幕は正確な数字は把握できなかったものの 最終日には80人を超える方々に実際足をお運び頂けたようで 多分去年と引けをとらない入場数ではなかったかと思われます。本当に毎回どうもありがとうございます。写真とひと口にいっても展示の仕方を含め 十人十色とはよくいったもので毎回何かしら感化するところがあるのが参加する側としても面白いというもの。次回も是非ともお付き合いのほどよろしくお願いいたします。




posted by MEGANE at 09:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

なめるように。



L1021544_1

L1021547_1

L1021558_2

L1021560_1





L1020581


いつものようにカレーを食べてから 空いた時間で少しばかり海を見に行きました。12月もすぐそこだというのにこの時季にしてはよく晴れた冬空で 思わずブランケットを敷いて寝転んでみたくなりました。上を向いてみるとそこには季節柄少し透きとおった青い色が眼の前にあるだけで それ以外はなにもありません。目をとじると耳には穏やかな波の音 そして心地の良い海風が頬を舐めるように吹いていくのがわかります。次第に幸せな気持ちが胸いっぱいにふくらみました。




posted by MEGANE at 19:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

バール街。



L1021469

L1021481

L1021480

L1021486

L1021489

L1021492

L1021512

L1021517

L1021524

L1021528





L1021499


というか 空き時間に立ち寄った地元でも有名なお寺がよかった。このあたりはお寺が50もあるというのに人に訪れてもらうという点では 手入れが行き届いていると十分に言い切れるところが少なく こうも違うものかと思っていたわけですが こちらは境内の雰囲気もどことなく京都のお寺を思わせるようでここが地元なの?と心が弾みました。正門から見た町並みはなぜだか自分の知るそれとはあまりにかけ離れたものに映り どこか知らない町を訪れているような感覚にもとらわれて そのあとの足取りもずいぶんと軽かったです。




posted by MEGANE at 17:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする