2020年08月09日

それで。



L1027000

L1027003

L1027006




L1026990


フラッグを作りました。




posted by MEGANE at 17:29| Comment(0) | attouchment | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月03日

サステイナブル。



L1026679


日に焼けてみすぼらしいので捨てようとゴミ袋を取りに行ったのですが ちょっと色を抜いてみたらどうなるだろう?今手元にコチニールしかないけどなんとか茜で染めたみたいにならないかなと思って 乾いたあとのこともイメージしながらも如何せん染めすぎ注意ね と思ってやってみたら案外淡くていい色味に仕上がりました。




posted by MEGANE at 18:58| Comment(0) | attouchment | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月01日

スプリング&サマー。



L1026108

L1026107_1

L1026105_1

L1026101_1


L1026133

L1026145_1

L1026144



L1026206

L1026159

L1026160

L1026171

L1026173



L1026268_1

L1026277_1

L1026272


L1026295_1


image0


L1026331



L1026396

L1026398_1

L1026381

L1026405

L1026441


L1026453

L1026461

L1026478

L1026485

L1026492

L1026489

L1026494

L1026500




L1026530

L1026540_1

L1026539

L1026542




L1026559

L1026560

L1026563

L1026580_1

L1026565

L1026576

L1026590

L1026600

L1026594

L1026610

L1026628




L1026650

L1026658

L1026656

L1026641

L1026669_1







L1026553_1






posted by MEGANE at 13:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月25日

カンツェラムト!



L1026416


アレクサンダーコワルスキーのフルアルバム。カンツェラムトといえば ある種テクノといえばドテクノですが単にリズム重視のツールトラックものではなく 湿り気スモーキーなデトロイトフレーバー寄りの曲調を得意とするアーティストが多く所属した印象のレーベル。そんなコワルスキーといえばかつて1度ワイア参戦で体感しています。そのときも確かこんな地味なTシャツの黒い上下で、、ちがうかな。見てみると2006年のことです。当時日本最大級のテクノパーティと謳われ続けたワイアもこのころはさいたまスーパーアリーナから古巣の横浜に戻っているあたりで 悠々設置された埼玉のそれよりもセカンドフロアは窮屈なものでした。ベロシマのおしりからミッシェルメイヤーアレクサンダコワルスキーヨリスボーン フェリックスクローシャーを挟んでシークレットシネマトビーってよく考えたら ほぼ2nd.フロアの前寄りを汗だくで7時間過ごした計算。こちらのフロアは序盤に早々入場制限がかかってしまい 一回出ると次にもどってくるのがギャンブル的なヒリヒリ感だったものですからね。入場前とそして通路でビールを一気に流し込み フロアではアーティストの雄姿と音の鳴りとで朦朧と自分の意識に埋没するんだけど結構早めにアルコールもさめてきちゃうっていう。そしてあとは不意に襲ってくる尿意との闘いです。何度目かの尿意を解消するためフェリックスの苦行なシユランツを抜け出して メインフロアのオルターイーゴを拝んだあとに命からがらC.シネマに滑りこんだものでした(イーゴあとのリッチーは見れなかったんだよな)。まあそれにしても滅多に日本に来ることがないメイヤーコワルスキーヨリスを一度に体感できたのは今考えてもわりと神回。ヨリスはロストメモリーズをテクネジアのSINOから出したあとぐらいで オファー時のリードタイム考えても今思えばなかなか旬なブッキングでした。ワイアは02から6回程通いましたが歴代踊ってて抜群に気持ちが良くて個人的に1番だったなあと記憶に残っているのは このミシェルメイヤー。コンパクトのボスですね。このあたりからかな 専ら買っていた盤がパーカッシブなスパニッシュや土着系のハードテクノからディープ目のミニマルテクノのレコードもよく買うようになりました。たまーにそれまでは2000年以降のクリックとかノイジーなのとか リリースがあればクリスチャンヴェンシュやオスカーモレロ イトウタカアキあたりのピッチ遅めの どちらかといえば当時のメインストリームからはちょっと外れたインダストリアルなのも色々買ったりもしてましたが 田中フミヤがハードなミニマルからディープなものに走ったのがイマイチわかんなかったりもして でもメイヤーがなに流したとか全然覚えてないけれど音のない気持ちよさというかウラ拍の気持ちよさ みたいのがこのときフロアでふらふらしながらシックリ来たというか体感できたというのが 今思うと大きかったなあと こういうことなのかなあと強く印象深かく頭に残ったりしたものです。久しぶりに引っ張り出したアナログ盤に針を置いて お酒の勢いもあってかジャケットに写るコワルスキーから グワーってそんなことまで脳内に広がってゆく土曜の夜だったりしています。




posted by MEGANE at 20:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月23日

先生。



IMG_2288_1


、、キャンプがしたいです。




posted by MEGANE at 19:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月23日

豆。



L1026098


あと今年は1年でどれぐらい飲んだか 購入単位でマイルをつけてみようかなと。




posted by MEGANE at 12:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月20日

後日。



L1026047_2.1


気になっていた炭酸飲料を 風味付きの炭酸水(強)に替えてみた。余韻のこないキレッ切れのドライ感がなかなかどうして。




posted by MEGANE at 19:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月09日

ペプシやコーラは苦手です。



L1026086


気が付けばここ5年くらいかな。ペットボトルはもっぱらお茶 という過ごし方をしていたらいつのまにか炭酸飲料を欲しがらなくなりました。けれど今年に入ってから なぜかまた毎日のようにグビッと飲んでる自分がいます。デトックスしたいと思ってはいるのですがつい手が伸びてしまいます。あの シュワッというノド越しを抗うことができませんとくに果物系のヤツ。いっときまで全然飲みたくなかったのになあ。これは脳が欲するように何か入っていますよねたぶん。笑




posted by MEGANE at 21:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月23日

抱負。



L1026038


この1年は 本をたくさん読みたいです。




posted by MEGANE at 14:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月20日

緊張弛緩夜明年明。



image2



大団円&大画面スクリーン感無量の年末に続き再度足を運んでみると みんなの「ライズ!」って声に あら?こんなベタなとこにも気づかぬとは笑 といった年明け。


(もちろん確認したけど 「父親ゆずりのしぐさを入れてみた」っていうのがなんともステキやん☆)




posted by MEGANE at 20:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月01日

2020。



L1025232


あけましておめでとうございます。




posted by MEGANE at 10:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月12日

幾許。



L1025822_1


毎月のように映画館へ足を運ぶと ここ数か月の間は待合室だったり本編前の予告枠だったりでSWが流れます。 前情報なしで楽しみにしている(といってひょんなことからスノークが誰なのかは最早知ってしまっている泣)私なのに 最初の頃その予告編をうっかり見ちゃったわけですが 指折り数えてみると4-6トリロジーから1-3 7・8とやってかれこれ25年近く経ちます(オリジナル公開から42年!)。私自身もその間 やるせない学生からいつしか社会人になって色々と感慨深いこともあるわけですが その長きにわたるSW(といってこの際スターウォーズというよりも最早スカイウォーカーの略なんじゃないかっつうほどの笑)サーガにもとうとうピリオドが打たれてしまうんだなと そこにまつわる時間の営みを どこか自分にも照らし合わせてしまっているからなのか予告を目にしながら思わず涙腺がゆるんでしまう自分がいました。ここのところ劇場へ足を運ぶにつけ毎回見ないように見ないように必死に努めるわけですが テーマソングが終焉を迎えるクライマックス風にアレンジされていて それを耳にするだけでやはり色んな思いでつい胸が熱くなってしまうわけです。SWは一種お祭りなのでルーカスフィルムのロゴが映ったりキャストのクレジットが出てきたら そこで名一杯指笛を鳴らすようなワイワイガヤガヤ そんなムードにのっかって封切初日に観るのもいいモンだろうけど果たして今回はどうだなのだろうなあ。じっくり浸りたいっていう気持ちも心のどこか頭をもたげてきて 年越しっていうタイミングでしっぽり観るのもいいもんだなあと そんなふうに思ったりもしています。観たいけどなんだか観たくないよジョージ! といったよくある体験者目線からの「未経験の幸せ☆」みたいな 自分としてはそんな幾許かの複雑な思いでこの長きにわたるスカイウォーカー家のファイナルを迎えるという そんな師走を過ごす日々なのであります。




posted by MEGANE at 12:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

紅檸碧。



L1025836_450

L1025838_450

L1025848

L1025855_450

L1025858_450

L1025863_450

L1025874

L1025880_450

L1025888

L1025905

L1025922

L1025933_450

L1025936_450

L1025942

L1025946_450

L1025939

L1025950_450

L1025951

L1025966

L1025970

L1026001_450





L1025949




posted by MEGANE at 17:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月06日

真冬の深夜。



L1025985


身のまわりにも朝方雪が降りました。夜 火照った体でジムを出て思わず大きく吸い込むと どこかで覚えのある心地の良い澄んだ空気が入ってきました。そうそう2年参りで境内に並んでいるときのような真冬の深夜に感じる冷え切った空気感。かたわらでまだ白く残るのを横目にもうそんな時季なんだなと ふとそんなことを思いながら車を走らせました。




posted by MEGANE at 22:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月23日

HORSEHIDE.



L1025819_1




posted by MEGANE at 10:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする